2013年01月31日

東京国立博物館「飛騨の円空 千光寺とその周辺の足跡」展



江戸時代・17世紀後半、北海道から近畿まで諸国を巡った円空は、滞在した村に仏像を残しました。

現在、5000体を超える作品が知られ、出生の地である岐阜県と隣の愛知県に集中しています。

今回は飛騨・千光寺所蔵の円空仏を中心に岐阜県高山市所在の100体を展示されます。

円空仏のなかでも屈指の名作「両面宿儺坐像」ほか、秘仏「歓喜天立像」、地面に生えたままの立木に梯子をかけて彫ったという「金剛力士(仁王)立像 吽形」など初めて寺を出る円空仏も含まれています。

「飛騨の円空 千光寺とその周辺の足跡」展は4月7日まで、東京国立博物館(東京都台東区上野公園13-9)。

一般900円、大学生700円、高校生400円。月休(2月11日は開館し翌日休)。

問い合わせは、ハローダイヤル(TEL)03-5777-8600。

⇒ 飛騨の円空-千光寺とその周辺の足跡-

【送料無料】円空と木喰 [ 日本放送協会 ]

【送料無料】円空と木喰 [ 日本放送協会 ]
価格:998円(税込、送料込)

修験僧円空 2/池田勇次

修験僧円空 2/池田勇次
価格:2,400円(税込、送料別)


日々是実践 日々変化 諸行無常
posted by みはら at 01:00 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

新日鉄住金とミタルが共同で独大手の北米工場買収検討


新日鉄住金が鉄鋼世界最大手のアルセロール・ミタル(ルクセンブルク)と共同で、ドイツ鉄鋼大手のティッセン・クルップの米国工場買収を検討していることが30日、分かった。成長が見込める北米市場で自動車用鋼板などの生産体制を強化するのが狙い。同工場の買収にはJFEスチールやブラジル鉄鋼大手のナショナル製鉄(CSN)なども関心を示している。ティッセンは2月中旬までに入札を実施して買収提案を受け、今年度中にも譲渡先を決める方針だ。
新日鉄住金とミタルが買収を検討しているのは、ティッセンが米アラバマ州に持つ鋼板工場。同工場では北米向けに自動車用鋼板を生産している。買収額は1300億円程度になるとみられ、両社は買収資金を分担することにより、投資リスクを軽減する考えだ。
新日鉄住金とミタルは米国で自動車用鋼板を合弁生産しているが、リーマン・ショックに伴う米国の自動車市場の低迷を受け、米インディアナ州にある合弁工場でのめっき加工ラインの増設計画を凍結している。
米国の自動車市場は金融緩和などを追い風に、回復基調を強めており、新車販売台数は2010年から3年連続で2ケタ増を記録。日系自動車メーカーや米自動車大手向けの鋼板販売が好調に推移する中、工場買収による生産能力の増強で需要の取り込みを目指す。
posted by みはら at 23:00 | 千葉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 造船・鉄鋼業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木星とアルデバラン すばるが並ぶ

1月下旬から2月上旬にかけて、宵の南の空高く、おうし座のアルデバラン、木星、プレアデス星団(すばる)がほぼ一直線上に並んでいるのが見られます。

下図はクリックして拡大して見て下さい!

201301301900.JPG
2013/1/30 19:00の南天 AstroArts Inc ステラナビゲータVer.9にて作成

201301301900拡大.JPG
上図の拡大図 AstroArts Inc ステラナビゲータVer.9にて作成

目立って明るい木星をはさんで東側に赤いアルデバラン、西側に6、7個の星がぽつぽつ集まった星団がプレアデス星団(すばる)です。

日々是実践 日々変化 諸行無常
posted by みはら at 01:00 | 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




写真素材-フォトライブラリー