2013年02月28日

佐々木賢二著『宮澤賢治の五輪峠−文語詩稿五十篇を読み解く』


著者の佐々木賢二氏は、横浜で開業医をしながら賢治を研究しています。

著者は、賢治の人生を理解する上で極めて重要な内容を多く含んでいるとみて、全50篇の徹底的な解読を試みました。

本書では地道な探求、論考を深め、賢治の理想、苦悩に触れつつ読者を異界の賢治世界に誘います。

【目次】
1 地輪峠ー夢み悩みし(病床で聞いた高麗太鼓の音ー「いたつきてゆめみなやみし」/愛された北上台地の神々-「水と濃きなだれの風や」 ほか)
2 火輪峠ーたそがれ思量惑く(響き渡る法華経如来寿量品ー「たそがれ思量惑くして」/交感する外山の光景ー「悍馬(一)」 ほか)
3 水輪峠ー「流氷」(問い続けるほんたうの幸福ー「氷柱かがやく窓のべに」/記された文語詩の滅諦・道諦ー「来賓」 ほか)
4 風輪峠ー「風桜」(豊富な知識を駆使した花壇作りー「著者」/支援していた労農党ー「ほのあかり秋のあぎとは」 ほか)
5 空輪峠ー吹雪かゞやくなかにして(懊悩する魂が求める光ー「血のいろにゆがめる月は」/否定する他人真似のインテリー「車中(一)」 ほか)



【著者情報】
佐々木賢二
京都大学薬学部卒業、徳島大学医学部卒業。横浜市立大学医学部付属病院、横浜南共済病院、横浜船員保険病院に勤務後、横浜市港北区にて内科小児科クリニックを開業。

 
日々是実践 日々変化 諸行無常
タグ:佐々木賢二
posted by みはら at 01:00 | 千葉 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

新日鉄住金 震災被害の全生産設備復旧



新日鉄住金は27日、2011年3月の東日本大震災で崩壊した鹿島製鉄所(茨城県鹿嶋市)のガスホルダーを新設し、運用を始めたと発表した。今回のガスホルダーの運用開始により、震災で被害を受けた同社の生産設備全てが復旧した。
新設されたガスホルダーは容量を震災前のガスホルダーの1.5倍の15万立方メートルに増やす一方で、震災の教訓を踏まえて耐震性を強化し、水平方向の揺れに耐える力を従来の2倍以上になるよう設計した。大規模災害時にガスが漏れ出さない工夫も施したという。
ガスホルダーは製鉄所の高炉などから発生する水素などの副生ガスを燃料として再利用するために一時的に貯蔵しておく設備。震災で鹿島製鉄所の2基のガスホルダーが火を噴いて崩壊したが、そのうちの1基は昨年5月に新設された。
posted by みはら at 23:00 | 千葉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 造船・鉄鋼業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

披露宴と葬儀が重なったら?



披露宴と葬儀が重なった場合、どちらを優先すべきか悩むものですが、結婚を祝福する披露宴よりも弔事を優先することがまずは大事です。

故人に最期のお別れをする機会は、人生の中で一度きりといえます。

家族や近い親戚に不幸があった場合、披露宴は欠席して葬儀の準備などを手伝うのがマナーです。

それほど親しい間柄でなければ、通夜に参列すればいいので披露宴には出席しましょう。

もし披露宴に欠席する場合、主催者側にはその理由を「都合により」などとあいまいにして、不幸の話はしないのがエチケットです。

時間をずらせば披露宴のあとに、弔事に出席できる場合もあります。お祝いごとの後に、お悔やみの場へ行くのは良くないことだとためらうかもしれませんが、人とのご縁を大切にするために行われるのが披露宴や弔事ですので問題はありません。

どちらとも出席できるのであれば、ぜひ親しい方の門出を祝福してあげ、親しかった相手とのお別れも惜しんであげてください。

ただし服装には要注意です。

男性ならネクタイを白から黒へ変えるだけでよいですが、女性の場合は全身着替える必要があります。


日々是実践 日々変化 諸行無常
タグ:披露宴 葬儀
posted by みはら at 01:00 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




写真素材-フォトライブラリー