2009年07月20日

弘法大師と不動明王

少し前に我が家の仏壇について書きました。

本尊の大日如来を掲載しましたが、本日はその両側の弘法大師と不動明王を紹介します。

通常、真言宗の仏壇の祀り方は、中央にご本尊である大日如来、向かって右に弘法大師、左に不動明王の掛け軸を祀ります。

我が家では、掛け軸の代わりに木像をお祀りしております。

さながら、家庭版ミニお寺のようになっております。

CA380010.JPG

CA380009.JPG

この二体の木像も、今年になってから仏壇通りで購入してきたものです。

弘法大師は真言宗の宗祖であり、私もかなりのファンの一人です。

四国遍路に出て、その足跡を辿ったくらいですから・・・

不動明王も縁が深く、子供の頃から家に掛け軸が祀ってあり、父が毎日礼拝してたのを覚えております。

また、私も妻も酉年生まれで、守り本尊が不動明王なのです。

そして、菩提寺も不動院というお寺なのです。

ここで朝夕とお経を詠んでます。

また、四国に行きたい気持ちがつのってきます。

日々是実践
posted by みはら at 14:55 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 仏事・寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2009年07月20日の弘法大師と不動明王を拝見しました。仏壇通りの何というお店で購入されたのでしょうか。かなり金額もはるかなと思いますが、差し支えなければ金額も概算程度で教えていただけれると助かります。
Posted by 立川宏臣 at 2014年10月06日 19:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123884699

この記事へのトラックバック




写真素材-フォトライブラリー