2013年03月18日

韓国の主張を論破した研究者 杉原隆さん


高校で世界史などを教えていた杉原さんは、前島根県知事の澄田信義氏(故人)の「日韓の『真の友好』は、竹島問題を解決しなければ確立できない」という言葉に感銘を受け、竹島問題の研究に取り組み始めました。

平成17年に県が設置した県竹島問題研究会の副座長、19年には研究顧問となり、山陰地方の史料を丹念に集めました。

18年に韓国・鬱陵島で調査を行い、古い韓国の文献に登場し、韓国が「独島」(竹島の韓国名)だと主張している「于山島」が別の島であることを確認し、日本の主張の正しさを証明しました。

2月22日「竹島の日」に、松江市で開かれた記念式典で竹島の領有権確立に向けた功績に対し、初の「特別感謝状」が授与されました。

⇒ 郷土の歴史から学ぶ竹島問題 杉原 隆



日々是実践 日々変化 諸行無常
タグ:杉原隆
posted by みはら at 01:00 | 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

千葉県知事選


千葉県の県知事選が3月17日に行われます。

3名が立候補がを届け出ています。

現職で再選を目指す森田健作氏(63)

千葉大名誉教授の新人、三輪定宣氏(75)共産推薦

自営業の新人、佐藤雄介氏(31)

3名とも無所属です。

森田健作氏の県政運営に対する評価が主な争点で、森田氏と三輪氏による事実上の一騎打ちとなるようです。

森田氏は、国と県の費用負担による社会実験で実現した東京湾アクアラインの通行料値下げの恒久化を公約。

成田空港の利便性向上や、コンビニと連携した防犯対策の導入などを訴えています。

三輪定宣氏は、子育て支援のほか、30人以下の少人数学級の早期実現を強調。

大企業の誘致に頼らず、地元の中小企業を重視した雇用創出を目指しています。


日々是実践 日々変化 諸行無常
posted by みはら at 03:59 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

山本美香さんのこと


「彼女は現場で、すばしっこかった」と佐藤さんは言います。

運動少女だった美香さんは足腰が強かったそうです。

レバノン内戦、コソボ紛争、アルジェリア、チェチェン、イラク、数多くの現場で爆風を受け、血や遺体のにおいをかぐ悲惨な現実をくぐり抜け、彼女の危険察知能力はどんどん高くなったといいます。

普段は、涙もろくて怖がりなところもあったけれど、正義感の強い勉強家だったそうです。

父親も朝日新聞の元記者でした。

最後の地を共に取材していた佐藤和孝さんとは、15年近く前からの事実婚関係にあり、公私にわたるパートナーでした。


日々是実践 日々変化 諸行無常
タグ:山本美香
posted by みはら at 01:00 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




写真素材-フォトライブラリー